AKBグループおもしろニュース~SKE48多めのまとめ~

AKB48、SKE48、NMB48、HKT48のニュース、動画を紹介します。メンバーはSKE48メンバー、大森美優さん、松村香織さん、菅原茉椰さんなどが中心です。2chでのツイッター・755・Google+などの話題についてまとめます。

渡辺麻友(まゆゆ)

a3a81c47-s

1: 47の素敵な(玉音放送)@無断転載は禁止 (ワッチョイ 7a85-KBVs) 2017/03/10(金) 19:11:24.18 ID:6o6dOrx80
   
渡辺自身にも衝撃的な情報が浮上。夢である女優の道へ本格的にかじを切る
ため、年内に卒業を発表するというのだ。

「AKB48グループでも屈指の人気を誇る渡辺は、将来の夢に“女優として活躍
すること”を掲げている。今も続々と女優業のオファーが届いているのですが、
体は一つ。どうしてもスケジュール的にアイドル活動と並行するには時間が足り
ない状況になっている。26日に23回目の誕生日を迎えますが
『年内に卒業発表するのでは?』と関係者の間でささやかれている」(芸能プロ
関係者)

「卒業を聞かれると、渡辺は『準備はしてないです』『まだ卒業はしません』など
と否定はしていますが、これまでスキャンダルとも無縁で、10代のほとんどを
AKBにささげてきた渡辺に、むしろ周囲が女優業への専念を勧めているようです。
渡辺は真面目で何事にも限界まで頑張ってしまう。女優とアイドルの二足のわらじ
では、体調面を心配してのことだとは思いますが」(前同)

 成人まで一度も髪を染めたこともない黒髪清純アイドル路線で売っていた渡辺。
しかし、昨年から茶髪が話題になるなど少しずつ正統派アイドルからのイメージ
チェンジを図ってきたという。

「今回の主演ドラマの役柄もエキセントリックなヒロイン役で、渡辺がダメな男たち
の下腹部を切り取って成敗してしまうというラブコメディー。“平成の阿部定”とある
ように、今までなら事務所側からゴーサインが出ない役柄。渡辺の女優としての
覚悟も見てとれますね」(前同)

 AKB48グループ、乃木坂46、欅坂46などをプロデュースする秋元康氏(58)
が企画・原作を務めたことに「秋元氏も渡辺がアイドルから女優へ脱皮できることを
イメージして企画・原作を考えたようです」とは前出の芸能プロ関係者。

 いよいよ“王道アイドル・まゆゆ”も卒業が視野に入ってきた。

 出版関係者は「卒業メンバーはいますが、第1回からずっと“神7”入りしているの
は渡辺1人だけ。まさにAKB48に青春のすべてをささげてきたメンバーで、徹底
マークした週刊文春も白旗を掲げたほど」と明かす。

 ファンから“王道アイドル”と称され、ノースキャンダルを貫いてきたことでも知られ
るが、成人を迎えてから心境の変化も見られるという。

 昨年10月のソロ写真集イベントで、報道陣から卒業について聞かれた渡辺は
「頭の片隅にはずっとあって。いつかは卒業する…と。その日に向けて一人でこの
世界で生き残るための準備はしなくては、と思ってます」と胸の内を告白。
「アイドル“まゆゆ”ではなく、人間“渡辺麻友”を見せられたような、生まれ変わった
ような気持ち。これを機にいろんな魅力をもっと出して、アイドルとしてだけでなく
素の私も好きになってもらいたい」と呼びかけていた。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/660820/

【東スポ「渡辺麻友が年内に卒業発表」⇒「まゆゆが卒業したらAKB本当に終わる」】の続きを読む

no title
a3a81c47-s

1: (玉音放送 typeR)@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/08(水) 14:22:10.23
産経新聞より

テレ朝が渡辺麻友主演のドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」のタイトル変更 局部切断を連想と秋田県が抗議
http://www.sankei.com/entertainments/news/170308/ent1703080006-n1.html

テレビ朝日がAKB48の渡辺麻友さんを主演に4月から放送を予定していたドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」が男性の局部切断をイメージしているとの批判が相次ぎ、
テレビ朝日はタイトルの変更を決めた。

秋田県観光戦略課あきたびじょん室によると、番組の概要は3月初旬にテレビ朝日のホームページで発表。
企画・原作は秋元康氏で、昭和11年に東京都内で女が交際中の男性の下腹部を切り取った阿部定事件をモチーフに制作するとされていた。
主演の渡辺さんも「私が平成の阿部定?! いままで演じたことのない役柄です! 私自身も大きな挑戦となります」とコメントしていた。

「きりたんぽ」は男性の局部切断にかけているとされる。
そのため秋田県のほか、きりたんぽを名産として売り出している大館市、鹿角市、北秋田市にも「下品で不快」といった苦情が多く寄せられたという。

県あきたびじょん室は「郷土料理のイメージダウンにつながる」などとして7日、口頭でテレビ朝日に抗議を申し入れ同日、
「タイトルを変更する」との回答があったという。

成田光明室長は「番組でタイトルを使わないとともに、きりたんぽを一切、登場させないよう申し入れた。最終的な内容を確認したい」と話している。

【渡辺麻友主演ドラマ「サヨナラ、きりたんぽん」のタイトル、秋田県がの抗議で変更!⇒「秋元の狙い通りの炎上商法 」】の続きを読む

まゆゆ2
まゆゆ
1: 47の素敵な (地震なし)@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/04(土) 05:10:05.52
渡辺麻友、ダメ男に鉄槌“際どいヒロイン”で「刺激的な夜をお届けしたい」
https://mdpr.jp/news/detail/1668126

◯渡辺麻友の主演ドラマの詳細発表

ドラマのタイトルは「サヨナラ、きりたんぽ」(毎週日曜深夜0:40~)。
秋元康誌が企画・原作を担当したショッキングな“愛の物語”でありながら痛快コメディーでもあるという異色作である。


◯渡辺麻友がセンセーショナルなヒロイン
1936(昭和11)年、仲居・阿部定が交際相手を殺害し、その下腹部を切断。この衝撃的な“阿部定事件”は、のちに数々の小説や映画の題材にもなっていたが、人々の興味を引きつけてきたのは、単なる猟奇殺人のように見えるこの事件が、純愛が行きついた果ての犯行だったからといえる。

同ドラマは、“阿部定事件”を描くものではないが、渡辺は“理想の男性に裏切られた復讐のため”“愛の方向性がズレたため”など、純愛を貫くがゆえに男性の下腹部を切断してしまうセンセーショナルなヒロイン・主人公・桐山さおりを演じる。

【渡辺麻友主演 ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」スタート!⇒「あなたのサオいただきまゆゆ」】の続きを読む

このページのトップヘ